通勤英語勉強メルマガ

通勤時間の英語の勉強に。
通勤英語.comで使用の英文など
英語の勉強を無料メルマガで
不定期配信。

メールアドレス

ホーム > 通勤英語ドットコムで英語の勉強をしよう。

通勤英語ドットコムで英語の勉強をしよう。


3000時間?4000時間?英語習得までの時間


英語の取得までに必要な時間は3000時間とも4000時間とも言われます。


仮に英語の取得までに必要な時間を4000時間と考えましょう。そうなると、高校時代までに2000時間勉強してきたとしても、あと2000時間が必要になるわけですね。


もちろん、何時間の勉強が必要かという『勉強時間』ばかり意識する必要はありませんが、少なくとも英語を喋れるようになるには英語と触れ合う時間が必要なことは間違いなさそうです。


  


◇リーディングに使われた英語の勉強時間


さて、これまで英語の勉強というとどんなことをしてきたでしょうか?主に高校までの英語の勉強時間は英語を読むことに使ってきたのではないでしょうか?それもそのはず、大学受験でよい成績を上げるためには、英語を読む必要があるからです。大学受験でリスニングを使ったという人もそれなりにいるでしょうが、それでもやはり配点は少ないことが多いようです。


英語を読むこと(リーディング)に使われた英語の勉強時間を、英語を聞くこと(リスニング)、しゃべること(スピーキング)に使っていれば、日本人の英語での会話力はかなり高いものになっているのかもしれません。


 


 



 


 


 


 


 


 


 


 


◇もちろん、急には喋れない


英語の勉強をして喋ることができるようになった人の話を聞くと、


最初は英語で話される言葉をなんとか聞き取れるようになる



簡単な英語を使って喋るようになっていく



聞き取る力、語彙力が増加して会話がよりスムーズに


という順番をたどることが多いようです。つまり、英語の勉強とは、最初は聞き取れるようになることを目指し、そこから徐々に喋る勉強もしていくということになります。


そこで、通勤英語ドットコムでは聞き取る勉強と喋る勉強に力を入れております。ネイティブが喋る英文をとにかく繰り返し、何度も聞くことができ、また簡単な英単語を使って喋るためのレッスンも用意している、それが通勤英語.comです。


 


◇ちなみに英会話教室


通勤英語.comは、英会話教室などを利用して英語で会話することも大事であると考えております。つまり、通勤英語.comだけで英語で会話ができるようになるとは言いません。


でも、考えてみてください。


週に2回、各1時間の英会話教室を考えると、英語と触れ合う時間は月に8時間、年間でも100時間程度となります。これでは、英語の会話力を高める勉強時間としては圧倒的に不足していると言わざるを得ません。


もっとたくさん通えばいい?


確かにそれもそうですが、そうなると拘束時間が長くなってしまいます。また、かかる費用も馬鹿にできません。週2回、各1時間でも結構な費用になるはずですから。


とにかく安く、そして、空いているスキマ時間を利用して英語と触れ合うことができる通勤英語.comをあなたの英会話力上達のための一手として是非お役立てください。


まずは下のメールマガジンで、英会話取得のため勉強を始めてみましょう。


 





今なら!!メールマガジン登録でEブックプレゼント中!!



【私はこうして英語が話せるようになった】


~英会話取得の5つの秘訣とは~


Eブックでは、英語を話せるようになった5人の体験談と英会話上達の秘訣を紹介しております。


あなたの英会話力上達の為に、またモチベーションアップのためにお役立てください。



  メールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください
      
  メールアドレスを入力し、解除ボタンを押してください
      





ページ先頭へ

Copyright (C) 2015 通勤英語.com. All Rights Reserved.

【免責事項】

当サイトで提供しているコンテンツは、細心の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、勉強の参考となる情報の提供を目的としたもので、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当事業者(タノスクドットコム)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。

運営者情報と規約