英会話習得にかかる時間

英語の取得までに必要な時間は3000時間とも4000時間とも言われます。

仮に英語の取得までに必要な時間を4000時間と考えましょう。そうなると、高校時代までに2000時間勉強してきたとしても、あと2000時間が必要になるわけです。

もちろん、勉強時間ばかり意識する必要はありませんが、少なくとも英語を喋れるようになるには英語と触れ合う時間が必要なことは間違いなさそうです。

リーディングに使われた英語の勉強時間

さて、これまで英語の勉強というとどんなことをしてきたでしょうか?
主に高校までの英語の勉強時間は英語を読むことに使ってきたのではないでしょうか?
それもそのはず、大学受験でよい成績を上げるためには、英語を読めるようになる必要があるからです。

英語を読むこと(リーディング)に使われた英語の勉強時間を、英語を聞くこと(リスニング)、しゃべること(スピーキング)に使っていれば、日本人の英語での会話力はかなり高いものになっているのかもしれません。

英会話ができるようになるために

英会話ができるようになるために英語の勉強をして喋ることができるようになった人の話を聞くと、

最初は英語で話される言葉をなんとか聞き取れるようになる

簡単な英語を使って喋るようになっていく

聞き取る力、語彙力が増加して会話がよりスムーズに

という順番をたどることが多いようです。
つまり、英語の勉強とは、最初は聞き取れるようになることを目指し、そこから徐々に喋る勉強もしていくということになります。

英語に触れる時間を長くして英会話習得を目指す

英語に触れる時間を長くして英会話習得を目指す

通勤英語.comでは聞き取る勉強と喋る勉強に力を入れております。

特にネイティブが喋っている英文を聞くコンテンツをたくさん用意しましたので、とにかく英語に触れる時間を増やしまくってみてください。

英会話教室に通っていても、ラジオ講座を受講していても、それでもまだ英語と触れ合う時間が足りない可能性があります。

通勤英語.comの講座は、家でも通勤中でも、スマホとネット環境があればどこでも利用することができます。
それも、目と耳の両方から英語に触れあうことができます。
少しでも英語と触れ合う時間を増やして、英会話取得までにかかる期間を短縮させましょう。

→ネイティブが話す英語を目と耳から視聴できる、英会話習得講座はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする